英検1級一次試験合格の決め手 Kさんの場合


日英通訳&英語コーチの片桐美穂子です。

英検1級合格を目指して学習している方は多いことと思います。

まずは一次試験を突破しなけれないけないのですが、合格の鍵を握るのは何でしょうか?

もちろん、これはその人、その人で違いますね。だから、その方の英語レベル、弱点を見極めた上で、教材や学習方法をアドバイスすることが大切になってきます。

2018年第1回の英検1級一次試験に合格したKさん(三重県)によると、私のコーチングを受けて一番よかったのは、英作文の書き方とリーディング練習だったとのこと。

英作文の指摘が的確で、よい練習になりました。

一回ではものにならず、数回書き直すことで、何がダメなのか、どう結論に持っていくかを練習したのが良かったです。

ダメ出し食らうたびに、今度こそ!と思って書いていました。

セッションのたびにスラッシュリーディングの練習を毎回したのが、長文読解の量をこなすのに、大変役立ちました。

長文読んでいるうちに頭がこんがらがってくるのですが、セッションという時間リミットを設けることで、理解しよう!加速モードになるのです。

英検1級の英作文は配点比重が高いので、絶対に外せないパートです。Kさんは、英文エッセイを書くのが初めてだったので、初歩から段階を経て、課題の難易度を上げていきました。

まず、どう書くのかを説明し(動画にしてあります)、毎回提出される英作文に対し、何がいけないのか、どう直すべきなのかを具体的にアドバイスしました。

回を重ねるごとに、Kさんは力をつけました。

リーディングも同様です。実はKさんには準1級の過去問の読解問題からやっていただきました。

なぜか?基本に立ち返ってもらうためです。

そこで、通訳訓練のひとつである、スラッシュリーデングのやり方をお伝えして、毎日学習していただき、英検1級の過去問に移行。

家で読む→セッションで私の前で実際に訳すというサイクルで読解力もアップしました。

一次試験に合格したことはもちろんうれしいのですが、英検1級の学習を通して、Kさんがライティングとリーディングの力をつけたことをとてもうれしく思っています。

二次の面接試験の結果も楽しみです!Kさんのご感想全文は、後日アップいたします。

★★片桐美穂子の英語コーチングに興味を持たれた方は、まず体験セッションをお受けください。お申し込みはこちらからどうぞ。













メールマガジン