《英語コーチング受講中》英語でディスカッション「線虫によるガン検査」


日英通訳&英語コーチの片桐美穂子です。

金融関係の会社にお勤めのOさん(千葉県・男性)とのセッションでした。

Oさんは、コーチングも終盤に入っており、「片桐式3ステップ英会話メソッド」のステップ3の仕上げをしています。

この日は、Oさんが受けたスカイプ英会話レッスンの録音を聞いて、内容、文法の正確さ、間、発音、講師に質問をしているかなどについて、私がフィードバック。

英語の中・上級者のスカイプレッスンは、なんとか通じてしまうので、きちんと振り返り、どこが適切に言えなかったのかをはっきりさせておかないと、受けても受けてもあまり上達しないということになってしまいます。

なので、「片桐式3ステップ英会話メソッド」の中では、スカイプレッスンの振り返りをどのタイミングでやるかも具体的に決めてあります。

Oさんは、英語力が安定してきており、講師とのやりとりも安心して聞くことができました。ディスカッションの質も高く、感心。

録音を聞いた結果。総合で85点をつけました。その後、改善点についてアドバイス。文法の間違いを指摘しました。Oさんは、アクセントの位置がずれるのが問題なので、どこなのか具体的にアドバイス。

スカイプレッスンでOさんが選んだ英語のトピックは、これでした。

「線虫によるガン検査2019年までに実用化へ」

Kyushu University-launched venture eyes cancer tests using worms by 2019

Oさんは、時事問題の選び方、そして英語での説明が上手です。スカイプレッスンの講師がOさんとの英語での会話を楽しんでいるのがわかりました。

Oさんは英語での説明はもう十分にでき、質問にも応えられるので、、「講師に対してできるだけ質問する」が、今の課題です。

セッションでは、このトピックについて私ともディスカッション。線虫、回虫は、英語では、nematode 。記事の見出しではでは、「虫」worm が使われています。

これが実用化したら廉価でガンのスクリーニング検査が受けられますね。線虫のエサの匂いと、ガン患者の尿の匂いが似ていること、興味深いですね。

毎日の音読も欠かさずやっていただいたので、英語がとても自然になりました。男性の方は、音読を大きな声ではっきりやるとうことに抵抗がある方がいますが、ボソボソでは効果がありません。Oさんはほぼ毎日音読をし、私がチエックしています。これはある日の音読。かなり滑らかになっています。

さて、英語コーチングも終盤のOさんには、最終課題を出しています。度胸と勇気が必要な課題です。英語は英語だけやっていてもダメなんです。度胸と勇気が不可欠。

Oさんは英語力はもう十分、仕事で使えるレベルになっており、あと少し度胸が加われば完璧なのです。

最終課題をOさんは、きっとやり遂げてくれると信じています。だって、Oさんは「やります!」といったことは必ずやるタイプの方ですから。

報告が楽しみです!

★★片桐美穂子の英語コーチングを希望される方は、まず体験セッションをお受けください。お申し込みはこちらからどうぞ。













メールマガジン