「ニュースで英語術」シャドーイングイベントを開催しました 


日英通訳&英語コーチの片桐美穂子です。

11月26日から12月2日までに7日間、私の英語コミュニティの今年6回目のイベントとなる、「ニュースで英語術 シャドーイング ウィーク」を開催しました。過去5回のイベントの様子とコミュニテイの説明はこちらでどうぞ。

秋田、仙台、茨城、東京、千葉、名古屋、三重、アメリカ、ベトナムから12名が参加、私を含めて合計13人が毎日「世界へ発信! ニュースで英語術」のシャドーイングをして録音し、お互いに聞き合いました。

シャドーイングとは、元音声を2、3秒遅れで追いかけ、同じように声を出すこと。聞きながら、声を出す通訳トレーニングの一種ですが、リスニング力、スピーキング力、そしてリーディング力向上にもつながる優れた練習法です。

今回、素材に「ニュースで英語術」を選んだのは、以下の理由からなのですが、大正解でした。このサイトは本当に英語学習に使えます!

・世界中どこからでもサイトにアクセスできる

・英語音声、スクリプト、和訳もサイトに掲載されている

・1分前後と練習しやすい長さ

では、参加者のひとり、Hさん(東京都)のある日のシャドーイング音声をお聞きください。

素材は、世界へ発信 ! ニュースで英語術 「韓国 国を挙げてのセンター試験」です

STUDENTS TAKE CRUCIAL TEST

はじめてシャドーイングをすると、まず元音声についていけないし、ブツ切れになるし、発音もレロレロした感じで不明瞭になってしまうのが普通ですが、練習するとこんな風に滑らかにできるようになります。

Police officers give rides to students who might be late, and government offices and companies delay their workers’ start times to avoid traffic jams.

世界へ発信 ! ニュースで英語術「韓国 国を挙げてのセンター試験」より

自分ではできたつもりでも、録音してみるといい加減になっていることが多いので、時々録音して聞き直してみると効果的です。

今回のイベントでは、毎日録音してみんなで聞き合いました。みんなに聞いてもらうとなると自然と何回も練習するので、トレーニングの質が上がります。そこがグループイベントのよいところですね。

1週間の練習で、リスニング力まで上がったと言っている方が多いです。おそるべし、シャドーイング効果ですね。みなさん、仕事をしながら、私も出張先のホテルでもシャドーイングしました。

今回は、会員さんに加えて、LINE@と英語コーチングのクライアントさんもご招待。メンバーが固定しないように、毎回新しいメンバーにも参加していただいています。

参加者Mさんのご感想です。

シャドーイングに方法は知っていましたが、モデルがなくて、自己流で試しただけだかったので、今回はとてもためになる1週間でした。

あまりにできなくて、落ち込みましたが、リスニングがクリアに聞こえるという効果を実感しました。口の動きと記憶力はこれからも鍛えていこうと思います。

《イベント概要》

5回目の会員イベント「シャドーイング ウィーク」のご案内です。

今回は、英語音声を2、3秒遅れで追いかけるシャドーイングをやります。

開催日時:11月26日〜12月2日(7日間)

・シャドーイングの素材:世界へ発信! ニュースで英語術

1、参加希望の方をLINEグループ「シャドーイング ウィーク」に招待します。

2、「ニュースで英語術」の中から好きな日の放送を選び、シャドーイングします。元音声のスピードは「通常」を基本とします。(スクリプトを見ないシャドーイングを推奨しますが、見ながらやってもOKです)

3、練習が終わったら、ヘッドセットで元音声を聞きながらシャドーイングし、スマホで録音。

4、録音したものをLINEグループにアップして、皆で聞き合います。(その日のうちであれば何時にアップしてもOK) これを毎日やります。

《目標》

・元音声の単語を落とさない、つかえないでついていく
その他は各自目標を決めて参加してください。

《その他》

・7日間毎日、録音をアップするを基本とします。

・イベントリーダー

クロエさん

・イベントサブリーダー

ようこさん

年末年始にもイベントを計画しているので、今回は、短めのシャドーイングを楽しく続けようというイベントを企画しました。それでも、人に聞いてもらうとなると何回か練習することになり、シャドーイングの質が上がると想います。そこが狙いです。

お互いに聞き合いながら、楽しみながらシャドーイングしましょう!

★★片桐美穂子の英語コーチングに興味を持たれた方は、まず体験セッションをお受けください。お申し込みはこちらからどうぞ。

 









メールマガジン