【おススメ英語動画】運が良い人がしている3つのこと


日英通訳&英語コーチの片桐美穂子です。

年末年始でたくさんの英語を読み、英語を聞きました。

その中で新年にふさわしく、聞いていて元気が出て、自分もやってみよう!という気になる英語のプレゼンを紹介します。

私はこのプレゼンがあまりにも気に入って、20回以上シャドーイングし、ほとんど内容を覚えてしまいました。

スタンフォード大学で起業家支援プログラムを教えている、Tina Seelig (ティナ・シーリグ)氏によるスピーチです。運が良い人は3つのことをやっていると述べています。

その3つとは何か? まずは、聞き取ってみてください。(字幕は日本語、英語、字幕なしと選べます)

 

3つが何か聞き取れましたか?

1、リスクをとること(コンフォートゾーンを出て、普段と違うことに挑戦すること) 

2、感謝すること 

3、突飛なアイデアにも可能性を見出すこと


 
どれも出来そうでできないことです。特に、コンフォートゾーンを出て、普段と違うことに挑戦することは、大人になると難しいですね。でも、居心地の良さに安住することなく、いつもと違うことに挑戦しなければ、運はつかめないということですね。

これは英語学習にも当てはまりそうです。恥ずかしいからと同じ人とばかり話していても英語は上達しないし、まだ自信がないからとレベルの高い仕事に挑戦しなければ、失敗はしないけれど、成功もない。

if you’re willing to take some risks, if you’re willing to really go out and show appreciation and willing to really look at ideas, even if they’re crazy, through the lens of possibilities, you can build a bigger and bigger sail to catch the winds of luck. (スピーチより)

(もしあなたが 少しのリスクをとり、 感謝の気持ちを表すために行動し、どんなに馬鹿げていたとしても、アイデアに可能性を見出そうとするならば、運の風を掴むより大きな帆を作ることがでできるでしょう。)

私の英語コミュニテイでは、昨年の年末年始で、このプレゼンのスピーカーであるティナ・シーリング氏の本「What I Wish I knew When I was 20」(20歳のときに知っておきたかったこと)を音読するイベントを開催、プレゼンも聞いたのですが、彼女は例の出し方がとても上手です。

だから主張に説得力があるんですね。話し方も情熱的で聞いていて引き込まれます。英語もとてもクリアですので、ぜひ、動画を見てください。そして、考えてみてください。

・今年、あなたはどんなリスクを取りますか?

★★片桐美穂子の英語コーチングに興味を持たれた方は、まず体験セッションをお受けください。お申し込みはこちらからどうぞ。









メールマガジン