羽生結弦選手の英語から学ぶ英会話上達の条件


日英通訳&英語コーチの片桐美穂子です。

今週、ある会社で英語研修の講師をしてきました。

「コーチングを取り入れた英語研修をして欲しい」とのご依頼が最近増えています。私の専門ですから、とてもうれしいです。

導入に羽生選手の英語のインタビューを聞いて、気づいたことを発表していただきました。

羽生選手の英語、聞いたことがありますか?金メダルが決まった翌日のインタビューです。1分20秒から10分くらいまでが英語です)

この動画を選んだのは、羽生選手が今、ホットな話題だということもあるのですが、羽生選手の英語インタビューから英語上達の条件が学べるからです。

羽生選手の英語について、みなさんからはこんな感想が出ました。

・無茶ぶりにも、今の自分のベストで対応している

・落ち着いている

・発音がいい

・質問をよく理解している

・ジョークを言えるのは余裕

どれもそうですね。

そして、その中でも英会話上達に欠かせないのが、これ。

無茶ぶりにも、今の自分のベストで対応している 

動画を見ていると、司会者が、

Yuzuru will respond in English as well.

(結弦も英語で答えます)

と言った時、羽生くんが目を見開いて、すごく驚いた顔をしていたので、予想外のことだったのでしょう。

でも、羽生選手は落ち着いて自分のベストで答えています。世界中のメディアに囲まれて、あの落ち着きと度胸は大したものです。

動画の後半で、「英語ももっと勉強しないと」と言っているので、羽生選手は、今の自分の英語力で満足しているわけではないことがわかります。学習をすれば、さらにに伸びることでしょう。

英語が話せるようになるためには、英語力はもちろん必要ですが、それだけではダメ。

突然でも、準備ができていなくても、今のベストで話す度胸とメンタルの強さが欠かせません。これ、すごく大切です。

「まだ完璧じゃないから」「間違ったら恥ずかしいから」「もっと上手になってから」と言って尻込みしていると、伸びません。英語を含めた外国語は、使って、間違って定着していくものだからです。

羽生選手のメンタルの強さは言うまでもありませんが、英語にもそれがいかされているのかもしれません。

私の英語コーチングでは、この度胸、メンタル面もカバーします。

英語研修では、動画内の記者の英語の質問がどれだけ細かく聞き取れるかグループで競っていただき、、とても盛り上がりました。

英語の質問は3つあります。ぜひ聞いてみてください。

★★片桐美穂子の英語コーチングを希望される方は、まず体験セッションをお受けください。お申し込みはこちらからどうぞ。













メールマガジン