英語面接で緊張してしまうあなたへ


日英通訳&英語コーチの片桐美穂子です。

これまでに、英検1級の面接試験を始め、ガイド試験の二次面接試験、転職面接試験、カナダの医師国家試験の面接試験、最近では「国境なき医師団」の面接試験など、様々な目標のクライアントさんを合格に導いてきました。

英語面接については、英会話の基本の定着から、日本語での原稿作り、英語スピーチ、Q&Aまで学習の仕方が体系化されているので、それに沿って練習を繰り返し、英語面接に合格されています。

英語のトレーニングはとても大切。でも、面接で合格するには、もうひとつとても大切なポイントがあります。これは、面接を受けるクライアントさんに必ずお伝えしていることです。


英語以外の大切なポイントとは、何だと思いますか?

それに答えているのが、社会心理学者によるこのスピーチ。「ボディランゲージが人を作る」です。

 

It’not about the content of the speech. It’s about the presence that they’re bringing to the speech.


(スピーチの内容そのものではなく、話す態度こそが重要なんです)


How well-structured is the speech? How good is it? What are their qualifications? No effect on those things.



(スピーチの構成はよいか、上手か、素質はあるか。これらは、採用、不採用には関係がありません) 動画より

スピーカーによると、面接官が採用、不採用を決める要素は話した内容よりも話している態度、つまり話し方。

どんなによいことを言っていても
自信なさげに言えば、伝わらないと言うことです。


なので、言葉ではない部分、アイコンタクト、話し方、姿勢。これらもとても大切!


では、どうやって自信を高めるか?

姿勢と気持ちは大きく結びついているということで、動画の中ではプレゼンや面接の前に自信を高める「ハイパワーポーズ」も教えてくれているので、ぜひ聞いてみてください。

 


大勢の前でする通訳やスピーチ、プレゼンなど人前で話す前には、私もこのハイパワーポーズを必ずやっています。


スピーカーの個人的なエピソードも心を打つTEDでも人気のプレゼンです。;ぜひ聞いてみてください。英語字幕、日本語字幕と>変えられます。

転職面接、面接試験のクライアントさんには英語面はもちろん、話し方、メンタルも含めてアドバイスしています。

★★片桐美穂子の英語コーチングに興味を持たれた方は、まず体験セッションをお受けください。お申し込みはこちらからどうぞ。









メールマガジン